アイクリーム50代におすすめランキング!使用する前に知っておくべき選び方




50代になると老化による肌の弾力や張りが低下が著しく感じてしまいます。

特に目の周りの肌の弾力や張りが低下は、見た目に直結してしまいますのでしっかり対策しなければなりません。

しかし、老化による目の周りの悩みは、化粧でごまかす、というわけにもいかないですよね。

なので、50代の目の周りの悩みには、アイクリームを使ってケアしていく必要があります。

そこで、この記事では、種類の多いアイクリームの中から、50代におすすめのアイクリームをご紹介していきます!


50代におすすめのアイクリームランキング!


 アイキララ




価格:2,980円(税別)
容量:10g(1か月分) 全額返金保証あり



50代は老化がどんどん進んでしまい、さらに30代・40代の疲労やケアしてきた内容がくっきり浮き出る年代です。

50代の目の周りの悩み多くは、老化による【皮膚やせ】が原因です。

皮膚内部のコラーゲンの減少によっておこる【皮膚やせ】に対応したアイキララは、角質層から原因にアプローチしていて50代の目の周りの悩みにきっちり対応しています。

肌自身を直接ケアして、肌自身がどんどん生まれ変わっていく実感を感じてみて下さい!





 【POLA】B.Aザアイクリーム


価格:20,000円(税別)
容量:18g(2か月分)




ポーラブランドのハイパフォーマンスな【POLA】B.Aザアイクリーム
 
密着感があり、目元の暗さを一気に明るく感じさせてくれるので、目元の張りやしわ対策に優れていると評判です!

コストは比較的高いですが、使用者の満足度は非常に高く、50代の方にも安心して使用して頂けます。




 メモリッチ


価格:6,980円(3か月分のお得定期コース)(税別)
容量:15g×3本(3か月分)30日返金保証あり



50代の目の周りの悩みは、しわ・たるみ・クマなど、いろいろと混ざっている方が多いです。

メモリッチは、アイクリームも総合的にカバーしているので、50代にはありがたいアイクリームですね。

継続して使うことができる価格も、アンチエイジングに欠かせない要素です!




50代の目の周りの悩みの症状って?

50代になると、若い頃には想像もつかなかったようなお肌の悩みが色々と出てくるものですよね。

中でも目元の肌トラブルは、顔全体の印象を大きく左右してしまうため、「どうにかして解消したい!」と考えている方も多いでしょう。

たとえば目の下の皮膚やまぶたが垂れ下がってくる「目元のたるみ」は、50代になって新たに気になり始めたという方も少なくないはず。

以前からあったシワがより深くなってしまったり、数や範囲が広がってしまったり、これまでに悩んでいた目元の症状がさらに深刻化してくるのも50代ならではの特徴です。

また、

「若いときにはきちんと睡眠時間を確保すればすぐに消えていたクマが、最近ではほとんど慢性的に出るようになった…」

「前よりもクマの色が濃くなってしまった」と、

目の下のクマが消えないことに悩む女性も、歳を重ねるごとにどんどん増えていきます。

実はこれは、加齢とともにクマが発生する原因も少しずつ変わってくることがポイントのひとつ。

一体どういうことなのか、その他の症状の原因も含めて詳しくチェックしていきましょう。

50代の目の周りの悩みの原因は?

50代のみなさんが抱える目元の悩みとして、よくある「クマ」「シワ」「たるみ」には、それぞれどのような原因が潜んでいるのでしょうか。

これらの症状が50代で深刻化しやすい理由もあわせてご紹介していきます。

クマ

20~30代でまだ若いときに経験するクマは、ほとんどが寝不足や疲れなどのストレスが原因です。

一時的に目の下にある毛細血管の血流が滞り、その部分の皮膚だけが青みを帯びて見えてしまうことで発生します。

一方、50代のみなさんが今まさに悩んでいるクマは、多くが皮膚の内側のコラーゲン不足によるもの。

コラーゲンは皮膚の表面を内側からグッと持ち上げて、肌の弾力をアップさせる働きがあるのですが、歳を重ねるにつれてどうしてもその量が減少してしまいます。

コラーゲンには皮膚に必要な栄養をキープしておく働きもあるため、コラーゲンが減る=肌が栄養不足に陥りやすくなり、簡単に言うと肌が痩せてしまうのです。

痩せてしまったところは、これまでのようなふっくらとした厚みが失われ、逆にくぼみができることで影が見えるようになります。
この影こそがクマの本当の正体なので、若い頃と同じような対処法だけではなかなか効果が表れにくいのでしょう。

シワ

目元のシワの原因は、主に「乾燥」と「運動量の多さ」の2つです。

そもそも目の周りの皮膚には皮脂が分泌されにくく、元から乾燥しやすい状態にあるのですが、肌は乾燥すると外部からのダメージを受けやすくなり、そのダメージがシワを発生させる直接的な原因でもあります。

また、目の周りの皮膚は顔の他の部分に比べると厚みが3分の1ほどしかないので、ちょっとした刺激でも大きな負担に。

その上目元は瞬きや表情を作るたびに忙しなく動き、顔の中でも特に運動量の多いパーツです。

歳を重ねればこれらの負担もそれだけ蓄積されているため、やはりシワは深く・多くなってしまう傾向があります。

たるみ

50代で特に増加する目元のたるみは、クマと同じく肌の中のコラーゲン不足が原因です。

肌のハリや弾力を保つためのコラーゲンは、「線維芽細胞」という組織の中で作られているのですが、その量は歳と共にだんだん少なくなってしまいます。

するとやっぱり若い頃と同じような肌のハリをキープすることは難しくなり、ゆるんだ皮膚が垂れることでたるみとなってしまうのです。

他にも、歳を取ると眼球の周りを保護している脂肪が外に押し出されやすくなり、これがたるみの中に溜まることで、よりたるみが目立ってしまうというケースもあります。

目の下のたるみがどことなくふっくらしている・指で押すとブヨブヨとした感触があるという場合は、このケースの可能性が高いです。



50代にアイクリームが必要な理由!

みなさんの中には、「これまでも目元の悩みは色々とあったし、自己流のやり方で解決してきた」という方もいるかもしれませんが、50代で深刻化した目元の症状には、これまで通りのやり方が通用しないことも多いです。

何よりアイクリームは目元のトラブルを解消するための専用アイテムなので、他の部分よりも皮膚が薄い・皮脂が少ないといった目元の特徴をしっかりと考えた上で、最大の効果が得られるように開発されています。

また、

「シワもたるみも、ここまでひどくなっちゃったら対処してもすでに遅いかも…」

「この程度ならもう諦めちゃおうかな」と、

これまで特にケアを行ってこなかったという方こそ、50代の今アイクリームを取り入れることで、この先の見た目年齢を大きく変化させることができるでしょう。

相変わらず何も手を打たないまま突入する60代と、今からでもアイクリームで適切なケアを行ってから迎える60代とでは、周りから見た若々しさが全然違います。

50代がアイクリームの使用する前に知っておくべき選び方!


50代がアイクリームの使用する前に知っておくべき選び方は、

  1. 老化により低下した機能を補うためのアイクリーム
  2. 症状が出たらではなく、日常的に使い続ける

の2つになります。


1.老化により低下した機能を補うためのアイクリーム

50代の目の周りの悩み原因は、

  • 肌バリアの低下
  • コラーゲン不足による肌の張りや弾力不足
  • 肌の潤いを保てず、乾燥してしまう
  • 30代・40代の疲労やケア不足のツケがでてくる

といろいろありますが、結局のところ老化によるものなんですね!

なので、しっかりと老化に対策されたアイクリームを使って、失われた機能をアイクリームで補って目の周りをケアしていくことが重要です。


この記事で、50代に1番おすすめしているアイキララは、原因追及に特化していますし、【全額返金保証】もついていて安心して使い続けけることができます!

アイキララで簡単にアンチエイジングに取り組んでいきましょう!



2.症状が出たらではなく、日常的に使い続ける

残念ながら、50代からは老化が日々続いている状態です。

さらに、アイクリームはデリケートな目の周りに使うため、影響の強い成分を使用することができません。

そのため、症状がでてからアイクリームを使うのでなく、日々のケアとしてアイクリームを使っていくことが大事です!

ルーティン化して目の周りの悩みを防いでいきましょう!



50代のおすすめのアイクリームまとめ

50代の目の周りの悩みのほとんどは、老化によるものです。

なので、化粧でごまかすなどしても、化粧が厚くなるだけで解決しません。

アイクリームを日常的に使って、長くケアすることが何よりも大事です!

そのためには、継続しやすいアイクリームを選ぶことが、50代の目の周りの悩みの決め手になります!

ぜひ、継続して使いやすいアイキララで素敵な50代を過ごしましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする